スタディサプリ&親家庭教師を1学期やってみての娘と私の感想と今後の課題&二女(小1)の学習状況

新中学一年生の娘がスタディサプリを初めて約5ヵ月経過しました

前回の最後に夏休みの学習計画を報告する予定と記載してましたが、まだ娘(長女)と決めきれなかったので、今回はスタディサプリと親家庭教師を1学期やってみての娘と私の感想と今後の課題、次女(小学校1年生)の学習状況を紹介します。

スタディサプリでは保護者アカウントが作成でき、子供に「勉強しないさい!」っと言わなくてもWEBで学習状況を把握する事ができます。

スタディサプリをやっている中学生の親をもつご家庭の参考になればと思います

●中1の1学期にスタサプと親家庭教師を実際にやってみて

娘の感想

・スタサプについて

①実際にやってみた感想としては各教科が教科書毎に分かれているのが良いのか学校の授業とほぼ同じ流れて授業を受ける事が出来て

スタサプで予習→学校で復習の流れがスムーズに出来るので分かりやすかった

②各教科の先生が違うのとなるべく時間を短く面白く授業をしてくれているので、学校の授業と違い集中して勉強が出来た

③ただ、どうしても家での勉強なので誘惑が多くサボってしまう時がある

・親家庭教師について

①パパの教え方は言葉が厳しい時があるので、もう少しやさしくしてほしい

※これは私が猛省するところです・・・申し訳ないです・・・

②家での勉強で誘惑が多いが、パパが教えてくれるこの時間がある事で自分の中でメリハリをつけて勉強出来るのが良い

③スタサプだけではわかりにくいところをパパが集中して教えてくれるので助かってます

親の感想

・スタサプについて

①たまに娘と一緒にスタサプの授業を受けてみて、やはり時間が5分前後に凝縮されているのが良いと思う

自分もそうだったが授業や塾とかで50分や60分もやっても集中力が続かないので、これぐらいの時間が良いと思う

教え方もさすがに上手で私みたいな大人が苦手な教科の授業を受けてもすぐに理解出来る

②ブログの先頭にいつも記載していますが、スタサプは親のアカウントで子供が勉強をしているかいつでも確認が出来るので

口うるさく勉強をしなさいと言わなくて良いのが私は子供との良好な関係に良いと思う

③とにかく安いので家計が助かる!地元の塾に体験にいって色々と説明資料等を読んだが安いとこでも年間で夏季講習とかを含めると20万円近くするが

スタサプだと受けるコースにもよるが安いコースだと年間2万5千円ぐらいなので約10分の1ぐらいで済むのが良い

・親家庭教師について

①娘の学習状況をスタサプでも確認出来ているが、スタサプの親アカウントの確認だけではわかりにくい苦手な個所が分かるので

そこを集中して出来るのは娘にとっても良いと思う

一度わからなくなるとそのまま次にいってしまいズルズルとわからないまま先に進みもっとわからなくなるので、親家庭教師をいれるのは良いと思う

②教える事で娘とのコミュニケーションの時間が自然にとれるのが嬉しい!

娘大好きな親なので思春期の娘と一緒に勉強出来るこの時間は本当にありがたい!

●今後の課題

①仕事の忙しさによって親家庭教師の時間がゆっくりとれる時と取れない時の差があるので、なんとか改善していきたい

②これからだんだんと難しくなってくるので親の復習もいるので、これは親が頑張る・・・・・・

③家での勉強になるので、勉強のメリハリがつきにくい・・・娘と相談したり色々と調べて改善していく

●二女(小学校1年生)の学習状況

次女の学習状況を紹介する前に軽く次女のスペックを

・2021年の春で地元の市立小学校の1年生

・両親共働きなので1歳から地元の保育所に通っていました

・5歳から長女と一緒の公文(英語のみ)に通っています、現在3学年先(小学校4年生レベル)を勉強中

 ※これは両親共に英語が苦手で教える事が出来ない為です・・・

・1年生から地元のバスケットチーム(ミニバス)に通い始めました

まぁどこにでも居そうな普通の小学校1年生です・・・

娘には長女の時に出来なかったパパが比較的得意な数学を1年生からやらせてみよう(本人もやりたいと同意を得てます)という事で

新興出版さんの啓林館(次女の学校と同じ教科書です)さんのわくわくさんすう完全準拠の参考書を使って1年生から算数をやってもらってます

今回は一段落ついたのでそちらの活動報告をさせてもらいます!

さっそくですが、現在の学習状況は夏休みに入った段階で下の写真のように1年生の算数が全て終わり確認テストも100点をとれたので次から2年生の算数に移るところです

小学1年生は遊びたいさかりなのですが長女が家で勉強をしている相乗効果なのか、次女も積極的に勉強に取り組んでいます

参考書に関しては、次女と一緒に本屋さんに参考書を探しにいって選びました。

次女の決め手になったのは「出来たよシール」だったみたいです・・・やはりまだ小学1年生・・・可愛いです!

親の意見としては娘の学校で使っている教科書と同じ出版社かどうかと、分厚い参考書は小学1年生では出来ないと思ったので比較的薄い参考書を選びました

参考書を実際にやってもらった親の感想としては、非常にわかりやすくて基礎→応用の流れが自然なので二女もスラスラと解けていたようです

長女の親家庭教師をみているのか、たまに分からないところを聞きにきてくれて次女ともコミュニケーションがとれてパパ的には嬉しい要素です!

まだまだ小学校1年生なので今後はどうなるか分かりませんが、これから次女(小学校1年生)の学習状況もたまに報告させて頂きます。

次回こそは夏休みに突入しているので、夏休み期間中の学習計画を紹介する予定です。

娘が使っているスタディサプリ中学生講座は⇓こちら⇓からも申し込み出来ますのでよろしくお願いします

スタディサプリ大学受験向けの高校生講座は⇓こちら⇓からも申し込み出来ますのでよろしくお願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました