ランチパックで簡単に作れる お手軽PB&J

今回はアメリカで大人から子供まで大人気なPB&Jを ランチパックを使って出来るだけ簡単に作っていきます

PB&Jとは?

PB&Jはアメリカの定番サンドウィッチのひとつで、Peanut butter and jelly(ピーナッツバター&ジェリー)の略になります

Jelly(ジェリー)はジャムのことで、訳するとピーナッツバターとジャムのサンドイッチという意味になります

なぜランチパックを使ったかというと、日本ではピーナッツバターを家に置いてある家庭が少なく、買っても全部消費するのが大変なので、

ランチパックを使って簡単にアメリカの定番メニューのPB&Jを楽しんで頂ければと思っています。

また今回はホットサンドにしていますが、ランチパックにジャムを塗ってそのまま食べても美味しいので是非作ってみてね!

※注意!ピーナッツを含む材料を使ってますので、アレルギーの方は食べないようにお願いします。

⇓作り方の料理動画はこちらから⇓

【材料】

●お手軽PB&J (1人前)

※家族の人数にあわせて量は調整してね!

・ランチパック(ピーナッツ) 1袋
・柑橘系のジャム 適量 (今回はマーマレードジャムを使用)
※ベリー系のジャムにしてしまうとランチパックのピーナッツが甘いので甘々になってしまいます!
出来る限り柑橘系のジャムをおススメします

【作り方】

ランチパックの片側を中身が出ないように注意しながらジャムを塗りやすいように少し凹ませます

凹ませたところにジャムを塗っていきます

今回はホットサンドにするので端の方は塗らないでね!

あとは重ねて中身が出ないように軽く押さえて準備OK

このまま食べても美味しいですが、今回はピーナッツのトロトロ感を味わってほしいのでホットサンドにしていきます

ホットサンドメーカーを用意して、ランチパックが焦げやすいので最後まで弱火で焼いていきます

ちょっと中身が漏れてしまってますが・・・上手に焼けました!

今回はピーナッツクリームのトロットロ感を見て頂きたいので切りましたが、焼けましたらそのまま切らずにお召し上がり下さい!

ピーナッツと柑橘系のジャムがマッチして美味しいですよ!

ランチパックを使って手軽に作れるレシピですので、是非作って食べてみてね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました