スタディサプリ&親家庭教師の1年生2学期中間テスト結果と期末に向けての課題

新中学一年生の娘がスタディサプリと親家庭教師を初めて約7ヵ月経過しました

2学期中間テストが終わり結果が出ましたので報告です。

●1年生2学期中間テスト結果

娘の中学になって2回目のテスト結果が出ましたので報告します

※情報保護の為、一部ぼかしての報告となりますがご了承願います

・数学 娘の点数:75点 学年平均点:52点

・国語 娘の点数:68点 学年平均点:53点

・英語 娘の点数:88点 学年平均点:53点

・理科 娘の点数:59点 学年平均点:55点

・社会 娘の点数:68点 学年平均点:51点

3教科合計 娘の点数:231点 学年平均点:158点 平均点差異 +73点 前回の平均点差異に対して +16点

5教科合計 娘の点数:358点 学年平均点:264点 平均点差異 +94点 前回の平均点差異に対して +14点

☆参考:前回の1年生1学期末の各テスト結果や3教科、5教科の娘の点数と学年平均点

・数学 娘の点数:70点 学年平均点:53点

・国語 娘の点数:47点 学年平均点:45点

・英語 娘の点数:90点 学年平均点:52点

・理科 娘の点数:74点 学年平均点:61点

・社会 娘の点数:65点 学年平均点:55点

3教科合計 娘の点数:207点 学年平均点:150点 平均点差異 +57点

5教科合計 娘の点数:346点 学年平均点:266点 平均点差異 +80点

テスト結果の分析:今回のテストは娘に友達の様子を聞いたのと試験問題を見せてもらったのを分析すると理科が比較的難しく後は国語が簡単になってより他は前回と同等の難しさだったようです

今回も各テストには難しめの思考の応用問題も何問か出ていたようなので、前回と5教科の平均点が大きく変わって無かったように感じます

●今回のテストの良かった点と反省点と今後の課題と取り組み

・良かった点

前回、時間が足りずに何問か手をつけずに無回答で終えたのを娘が悔しがっており、それを克服するように問題集を使っての疑似テスト

やっていたのでそれらは効果があったようで娘も一応全ての教科で最後まで問題に取り組めたと言っています。

それが前回の平均点差異よりも点数があがっている要因かと思います。

・反省点

私と娘の共通認識として夏休み期間中に勉強がはかどらなかった事による予習不足です・・・

予習不足により2学期がはじまってからの学校の授業が復習にならなかった教科もあるので、いつもよりテスト勉強が大変だったと娘も言っています。

・今後の取り組み

ひとまず予習不足を娘も痛感したようで、夏にはかどらなかったスタディサプリを使っての予習を中心に進めていく予定

あとは1週間に一回でいいので2学期中間テスト後から2学期期末テスト前までの範囲で習ったところを、教科書を中心に軽く見直しておく事をやってもらいます。

これは私が学生時代にやって効果があった勉強方法で、テストを早く解けるテクニックのひとつです。

具体的な効果としては社会や国語等では文章問題が出る事が多く、それらは基本的に教科書にのってある物語や歴史等が出ます

それらを週に1度の教科書等の見直しである程度暗記しているのと、テストの時に最初から読むのとではテスト時間に大幅な差異が出て、それによってテスト問題を解く時間に違いが出てきます

いきなりあれやこれやとやっても身につかないので次回の2学期末テストまでは今までの学習方法に加えて上記を娘にやってもらい効果を検証していく予定です。

・私の所感

前回のテストの反省点をある程度克服しちゃんと結果も出ているので私としては良く勉強している方だと思います。

もちろん文章では淡々と書いていますが、テスト結果が返ってきた時は文字で書き表せないほど褒めていますよ!

人間モチベーションを維持していくのが一番難しいと思いますので、親から褒められる事は今後の勉強の励みになると思います。

全国の学生をもつ親御様も是非我が子を褒めて褒めて褒めまくってあげて下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました